【登壇者紹介】多田章利(Akitoshi Tada)氏・カバヤ食品株式会社取締役総務部長

somu2014_dadatada_top_980x490

「ジューC」「さくさくぱんだ」で知られるカバヤ食品株式会社総務部長。商品のみならず、そこで働く人々をピックアップし、ソーシャルメディアを活用した企業の魅力発信に取り組む。また、岡山県の人気企業ランキングで常に上位に挙がる会社として、自社で行う採用においても学生向けにソーシャルメディアを積極的に活用するアイデアマン。

▼多田章利さんのオープニングセッションでの聴きどころ見どころ!?

(中四国を中心をした)県外の企業におけるソーシャルメディア活用事例を紹介して頂くのはカバヤ食品株式会社・多田章利さん。岡山県内ではソーシャルメディアの使い手として(プライベートでも)かなり知られる存在だと思います。

企業説明会で新卒採用を目指す学生さんへカバヤ食品自体のことをお話することがあっても、カバヤにおけるソーシャルメディア活用のお話をする多田さんはあまり見る機会がありません(よね?)。今回、ソーシャルメディアを活用した「企業広報」のお話だけでなく、「採用」のシーンにおいてもソーシャルメディアをどう活用し、企業の魅力を(一般の人だけでなく)学生の人たちにも伝えているのか?というお話も展開します。ソーシャルメディアを「一方的な発信ツールではなく、コミュニケーションツールのひとつ」として使うことの大切さを感じてもらえれば嬉しいです。

facebookなどの「ソーシャルメディアアカウントを運用している企業の担当の人」や「個人事業主の人」はもちろん「ソーシャルメディア使って就職活動してる学生の人」もぜひ話を聴いて頂きたい!(文責:ノダタケオ)

▼カバヤの人たち(カバヤ食品)
https://www.facebook.com/kabaya.people
カバヤ食品株式会社
http://www.kabaya.co.jp/

▼県内外のソーシャルメディア活用事例を学ぶカンファレンスプログラム「Socialmedia Meetup! in TOKUSHIMA」テーマは『ソーシャルメディア×「企業(広報&採用)」「観光」』6月7日(土)13時30分から15時までのオープニングセッションをUstreamでインターネットライブ配信します → http://www.ustream.tv/channel/tksust